HIRO*が使ってる漫画道具について

スポンサーリンク

「漫画を描きたいけど、どう描き始めたらいい?」
「何から手をつけたらいいのか分からない」

私も漫画を描きたい!と机に向かったはいいものの、よくこう思ったものです。
ここでは、そんな悩みを少しでも軽く出来るように、お手伝いできたらと思います。
色々試した末にたどり着いた私流のやり方ですが、よかったら試してみてくださいね。
今回は道具について。

漫画を描くのに必要な道具

紙(裏紙でも可)、鉛筆(シャーペンでも)の他に、↓の道具を使います。

製図用のペン、つけペン

じっくり描き込みたい時はつけペンを。
手軽な気持ちで描きたい時、構えなくパッと描き始めることができるので、最近では製図用のペンを愛用しています。

漫画用インク

つけペンを使う時に必須。

ティッシュ

つけペンにつけたインクを拭く用。

水(ぬるま湯おススメ!)

つけペンについたインクをゆすぐ用。
まめにすすいでティッシュで拭いておくと、ペン先が長持ちしやすいです。

消しゴム

力を入れなくてもキレイに消せるものが楽です。

モノクロでもカラーでも、同じ道具を使ってます!
私の場合は着色からデジタルを使用しているため、パソコンも必須ですね。
「漫画描くぞ!」「描きたい!」となった時に、なるべーく負担やストレスにならない道具を選んでいます。
そうすることで、ふとアイデアやイメージが湧いた時、サッと机に向かいやすい環境を作り上げてるんです。

 

今回は、私が漫画を描くのに使用している道具を紹介しました。
今は漫画を描ける道具が沢山あって、色々な描き方が出来るようになっています。
そんな中で、自分にピッタリ合ったやり方を見つけるのは、難しいかもしれません。
だからこそ、ピッタリなやり方を見つけ出した時、きっと創作の幅がぐんと広がるに違いないのです。

コメント